金融・保険外部監査専門機関

大阪本社:

06-6131-8377

平日 9時00分~17時00分

無料面談/相談
お問い合わせ
お問い
合わせ
お気に入り
登録

金融庁の組織改編の全貌が明らかに!

ホーム > アドバイザリーブログ > 金融庁の組織改編の全貌が明らかに!

代理店の皆様におかれましては、残暑厳しい中、日々汗をかきながら大切なお客様のもとへと足を運ばれていることかと思います。

平成29年8月22日、ようやく金融庁の組織改編の全貌が明らかになりました。

当社においては今年の4月時点において、この組織改編の情報を入手していたことから、6月に開催した大阪梅田でのセミナーで先行して情報をお伝えしていました平成13年に発足した今の金融庁は、厳格な金融検査を通じ大手銀行などに不良債権の処理を強く迫ってきましたが、不良債権問題が収束し、フィンテックなど新たな動きも出る中、金融行政の在り方を大きく変えようとしています。

このため、金融庁は、来年の夏をめどに、組織を大幅に改編する方針を固め、機構改革で、検査局を廃止して金融機関を業態別に検査するチームを監督局に統合、「オンサイト(立ち入り検査)」「オフサイト(聞き取り調査)」このふたつを一体としたモニタリングを強化していきます。

また、金融行政の総合的な戦略の立案やサイバーテロ対策などを担う『総合政策局』、それに、市場取り引きのルールやフィンテック関連の制度などを整える、『企画市場局』を設け、金融機関を取り巻く経営環境の変化に対応していく考えです。

前身の金融監督庁以来続いてきた金融機関に対する検査や監督の体制が20年ぶりに変わることになります。

国内における金融業界の流れが確実に変わる中で、保険代理店の皆様も今が変わるタイミングです!

この20年ぶりの改革の波にうまく乗り、お客様へ「お客様目線の安心」を届けてください。

暑さにも負けない、改革の波にも負けない!

私共はいつでもそんな保険代理店様を味方です。