金融・保険外部監査専門機関

大阪本社:

06-6131-8377

平日 9時00分~17時00分

無料面談/相談
お問い合わせ
お問い
合わせ
お気に入り
登録

保険代理店の経営計画発表会

ホーム > アドバイザリーブログ > 保険代理店の経営計画発表会

2017年11月末までに事業年度を終了された当社の顧問先保険代理店の経営計画発表会が、この12月に全国各地で行われています。

年に1回の経営計画発表会では本社の従業員だけではなく、各拠点にいる従業員全員が集まるビックイベントの位置づけとして、午前から1日掛かりで盛大にされているところもあります。

また、所属保険会社の支社長、担当者やお世話になっている取引先なども招待して、感謝を伝えるパーティー形式で経営計画発表会をされる顧問先保険代理店もいます。

この経営計画発表会、顧問先保険代理店の皆さんが、明らかに昨年とは違う高い意識で取組み、開催されていると私たちは感じています。

昨年5月に改正保険業法が施行されました。

施行から1年半が経過して、2年を迎える2018年。

顧問先保険代理店主より、「来年も保険代理店としてやっていくからには理由はどうであれ、全員が襟を正し、組織一体となった取組みを続けていかなければならない。

そのためにも、リーガルさんに経営計画発表会で、全員に現状認識のことや来年の態勢整備に向けた研修、講演をしていただきたい」と言われてくるところが増えてきました。

年に1度だけ本社を含め拠点の従業員全員が集う時間だからこそ、その時間をどのように使うか使わないか・・・

これだけでも、2018年のスタートが決まるといっても過言ではないと考えます。

全員が同じ方向を向いて取組まなければ、経営者一人のマンパワーだけでは、本来の「体制整備」→「態勢整備」に変化しません。

2018年1月~6月は金融庁の下期。森長官の最期の仕上げの期と言われています。

そして、2018年3月と2018年6月には、特定保険募集人(大規模代理店)の事業報告書の提出ラッシュが予想されています。

2018年1月~6月、この半期でまた何らかの業界変革が訪れることは間違いないと思います。

2018年は、「真に生き残れる保険代理店の経営とは何か?」

態勢整備を未だ安易に考えている保険代理店の方々においては、本気で腰を上げる時がきたと言えます。

ある意味では、他代理店との差別化・顧客本位と言われる保険代理店づくりのチャンスの時ですよ。