金融・保険外部監査専門機関

大阪本社:

06-6131-8377

平日 9時00分~18時00分

無料面談/相談
お問い合わせ
お問い
合わせ
お気に入り
登録

福岡セミナー開催のご報告・ご参加の御礼

ホーム > セミナー関連 > 福岡セミナー開催のご報告・ご参加の御礼

2019年2月21日(木)、福岡市博多駅に隣接する博多バスターミナルにおいて、
保険代理店向けの「次世代の顧客本位の代理店経営セミナー」を開催しました。

今回は福岡、熊本、大分、山口、広島エリアの保険代理店の店主、業務管理責任者の方々をはじめ、生命保険会社のコンプライアンス部門の担当者など多方面からのご参加をいただきました。
ご参加いただきました皆様へ改めて御礼申し上げます。

第一部では、リーガルのコンプライアンス・ソリューション専任担当者が、
「お客さまから選ばれる価値ある保険代理店の品質体制」をテーマに、
体制整備から態勢整備への意識が必要でること。
「形式的な整備」の時代は終わり「実質的な整備」が重要であること。
では実質的な整備をするためには何をするべきなのか。などをお伝えしました。

第二部では、リーガルの顧問先保険代理店の責任者に登壇いただき、
二年前の監査を導入、その後3回の監査を受けてどのように態勢整備の取組が変化してきているのか・・・
同時に社員の意識もどのようになってきているのか・・・
まさに代理店目線での内容だったが故に、
参加者の皆さん、同調してうなずく場面や笑いが多かったのが印象的でした。

第三部では、リーガルの顧問弁護士事務所2か所の担当弁護士に登壇いただき、
「弁護士による保険代理店労務訴訟問題を徹底解説」をテーマに、
昨今全国で話題となっている募集人の給与問題から、事業場外みなし労働制導入とその注意点、代理店主がとるべき事前対策までをお話いただきました。
第三部終了後、参加者の方より弁護士や、リーガルのコンプライアンス専任担当者への質問もありました。
「募集人の退職後の競業の禁止を定める場合、妥当な年数は何年ですか?」
「名刺も個人情報ですか」
「事務所内に残して良い帳票は何ですか」などの質問、相談がありました。

保険代理業界はこの1年で大きく変化します。
つい昨年の夏以降、生命保険会社が保険代理店に対して、
FD(フィヂュシャリデューティー)宣言の推進を始めました。
損害保険会社においては、まだまだ2年後くらいに損保系保険代理店へFDの推進を始めるだろうと考えていましたが・・・
某損保会社においては、既にFDの取組の推進をはじめ、
FDに取組みしなければ手数料ポイントを加算しません。という手数料改定を出しました。
しかし・・・未だに損保系代理店においては、
「FD宣言って何ですか?」
「なんで代理店のレベルでそこまでしなければいけないのか?金融庁が求めるのは横暴じゃないか?」などの声を聴きます。
本当に「あっ」という間に業界の流れは変化します。
先日の節税保険の売り止めも、わずか1日、お上の言葉ひとつで全保険会社が動き出しましたよね。
保険代理店業界、この先、代理店システム(業務委託の仕組み)自体の見直しも議論されていることを耳にします。
本当に保険代理店業界の変化をしっかりと肌で感じてもらいたいと思います。

今回ご参加いただいた保険代理店様、保険会社様、本当にご参加ありがとうございました。
パートナー一同、この場をお借りして御礼を申し上げます。